なんとなくリボ払いにしている人、損をしていませんか?

これは私の体験談です。
私は人生で2度、リボ払いで失敗しました。
しかもどちらも気付くのが遅くて損をしたパターンです。
ご紹介しましょう。

 

 

■減らない支払残高

まず1回目の失敗は、支払残高10万円がなかなか減らないという失敗です。
このときはクレジットカードのショッピング枠ではなく、キャッシング枠を利用していました。
この支払いがリボ払いになっていた時です。

 

 

限度額を10万円にしていて、私はこのとき限度額いっぱいに借り入れをしていました。
返済は口座から自動引き落とし。
限度額いっぱいに借り入れ、毎月引き落としの返済をし、給料日前になるとまた限度額いっぱいまでの借り入れをする、という自転車操業状態でした。
しかしこの繰り返しの中、あるふたつのことに気付きました。

 

 

ひとつは、毎回1万円しか借りられないということ
それは支払残高が9万円近くになっているので、限度額まであと1万円しか借り入れできないからです。
当たり前です。

 

 

もうひとつは、いつまでたっても返済が終わらないということ。
支払残高9万円からいっこうに減らないのです。
これも当たり前です。
毎月1万円を返済し、1万円を借り入れることを繰り返しているのですから。

 

 

この状態が1年ほど続きました。
1年ほどクレジットカードのキャッシング枠で自転車操業をやっていた感じです。
さすがにこれはおかしいぞと思い、その原因はリボ払いにあると気づきました。

 

 

■膨れあがった支払残高

もうひとつの失敗談は、支払残高を照会してみたら予想以上に膨れあがっていたということです。
今度はクレジットカードのショッピング枠をリボ払いにしていたパターンです。
私は楽天カードを使っています。
楽天カードは貯まったポイントが楽天ポイントとして使えるので、楽天のネット通販とか、楽天カードで支払い可能なショッピング、サークルKサンクスの支払いの際にポイント割引が可能でお得だからです。
ですからネット通販の際に現金ではなく、できるだけ楽天カードを使うようにしていました。
ポイントが欲しいからです。

 

しかしこれがあだとなりました。
私は性格的にルーズな部分もアルので、現在の支払残高がどれくらいは把握していなかったのです。
ネット社会なので、楽天から紙の通知が届かないこともあったからだと思います。
引き落とし額と引き落とし日は毎月メールで通知が来ます。
しかしそのメールには支払残高がいくらになっているかは書かれていないのです。
ここはもしかしたら楽天の打算かもしれません。
危機感を持たせないでカードを使い続けさせるための。
支払残高は楽天カードのサイトにアクセスして、紹介しないと分からないのです。

 

 

しかし、支払残高は少々わかりにくいところに書いてあります。
メールからリンクが張ってある支払明細には支払残高が書かれていないのです。
少し探しさないと支払残高の照会にたどり着けないのです。
不親切だと思います。
これも楽天カードの意図的な打算があるかもしれません。
ですから私は4ヶ月ほどの間、支払残高を照会しないでいました。

 

 

■支払残高の照会をしなかった結果・・・

ちょうどそのころ私は引っ越しをしたばかりで物入りでした。
必要なものを楽天カードを使ってネットで調達していたのです。
そして楽天カードで買い物をすることを覚えてから4ヶ月ほどしたところで、さすがに支払残高を把握しておくかと思い立ちました。
10万円弱かなと予想して、わかりにくい支払残高照会のページを見つけ確認したところ・・・。
な、なんと!
25万円・・・!!!

 

 

どういうことでしょうか、この予想との乖離は・・・っ!
私はルーズな性格で、計算しながら買い物をしていないので、予想よりも多くの額に膨れあがっていたようです。
そしてもう一つの乖離の理由は、リボ払いだと気付きました。
このときのリボ払いの支払額は、毎月5000円でした・・・。
ほぼ返済されていません!
実に間抜けで、無計画なカードの使い方をしていました。

 

 

しかもこわくなって、楽天カードのサイトをくまなく見てみたら、毎月リボ払いの手数料が加算されているということも分かりました。
はずかしながら、このとき初めてリボ払いには手数料があると知ったのです。
毎月1500円。
完済するまでにいったい何万円手数料を払うのだろうか・・・。

 

 

■思い出したリボ払いのこわさ

このとき、数年前のキャッシング枠でのリボ払いの怖さを思い出しました。
轍を踏むとは我ながら情けなくなりました。
そして同時に、私の中でリボ払いの怖さが強調されました。

 

 

リボ払いの怖さは、

支払額が減らない
支払残高が知らず知らず膨れあがっている
手数料が高い

です。

 

 

そんな失敗をした私から、みなさんにリボ払いの怖さを説明できたらと思います。
そしてリボ払いよりもカードローンを使った方が得だという説明もします。
また現在リボ払いで支払残高を抱えている人は、カードローンに乗り換えた方が得だというお話しもしたいと思います。
是非参考にして、損をせず得をしてください。


そもそもリボ払いとはどんな支払い方法?

リボ払いの怖さ、対策、カードローンへの乗り換えを説明する前に、そもそもリボ払いとは何かを説明しておきましょう。
すでに利用したことがある人はなんとなくおわかりかもしれませんが、これから利用を考えている方には重要な部分なのでしっかり理解してください。

 

 

リボ払いとはクレジットカードの支払い方法の種類のひとつです。
通常、クレジットカードは一括払いか分割払いかを選択できます。
リボ払いの説明をする前に、まずこれらのスタンダードな支払い方法の説明をしておきます。

 

 

一括払いはその名の通り、支払い月に買い物をした額全額を支払う方式です。
分割払いは3回払い、5回払い、6回払い・・・36回払いなどです。
3回払いなら、ざっくり言うと、15,000万円の買い物をしたら、最初の月は5,000円を返済し、次の月に残りの5,000円、次の月に最後の5,000円を支払うという方法です。
残りの10,000円の支払いをクレジットカード会社に待ってもらっているということになります。

 

 

ということは、この場合待ってもらっている分、手数料が発生します。
ここを忘れてはいけません。
クレジットカード会社も慈善事業でやっているわけではありませんので、どこかで利益を出さないといけません。
手数料がクレジットカード会社の利益になります。

 

 

手数料は年利で計算されます。
1年間借りていたとしたらという仮定の下の利率です。
ちなみに楽天カードの場合は3回払いで実質年率12.25%という設定です。
これは分割の回数が増えるごとに上がっていきます。
5回払いだと13.50%、15回以上だと15.00%といった具合です。
常に支払残高に年率がかかってくるので、支払い回数が多いほど、トータルの手数料がかさんでいきます。
ちなみに、50,000円の買い物を12回払いにすると、トータルの手数料は4,155円になります。

 

 

一方、リボ払いはというと、分割払いの一種なのですが、支払額を常に一定にしてくれる支払い方法になります。
例えば分割払いを毎月重ねたり、そこに一括払いが重なったりしていくと、ある月から支払額が大きく上がる場合があります。
普通の生活をしていると、そのときに支払いがきつくなります。
しかし、どんなにクレジットカードの買い物を重ねても、常に毎月支払額を一定にしてくれるのがリボ払いです。

 

例えば35,000万円の買い物をした場合、毎月のリボ払いを10,000万円に設定していたとすると、最初の3ヶ月は10,000円を支払っていき、4ヶ月目に残りの5,000円を支払うことになります。
ちなみにこのリボ払いの毎月の支払額は自分で決めることができます。
この支払額の設定が、リボ払いで苦しむ要因のひとつですので、後にまた説明をします。


リボ払いって借金地獄におちいる可能性があるってホント!?

一見便利なリボ払いですが、私のように借金地獄におちいる可能性をはらんでいます。
何が原因でしょうか。
見ていきましょう。

 

毎月の支払額を少なくしてしまうと、支払残高がなかなか減りません。
そして支払残高が減らないということは、買い物のたびに支払残高が増えていくということになります。
そうすると気付くと毎月毎月支払残高がふくれているのです。
ルーズな人は、毎月支払残高を確認しなかったりするので、しばらくして支払残高を照会したときに、その金額に衝撃を受けたりします。
私はそのパターンです。
いっていも10万円くらいかなと思っていたのに、実際は30万円近くまで膨れあがっていたのです。
借金地獄、とまでは行きませんでしたが、焦って生活を切り詰めて半年くらいで完済しました。

 

カードの支払いが日常になっていると、普段の現金の買い物と同じような感覚になり、何をどれくらい買って、今月はいくら使ったのかという感覚が曖昧になってしまいます。
ルーズな性格だとなおさらです。

 

 

■リボ払いのみのカードがある

私の場合ですが、契約したカードがリボ払いしかできないカードだったのです。
そんなものがこの世にあるのかと思いましたが、ありました・・・。
なかなか支払残高が減らないときに、なぜこうなったのかを把握するために、調べていたときに気付きました。
そもそも私はリボ払いされているということにすら気付いていませんでした。
詳しくは分からないけど、毎月必要な分だけ引き落とされているんだろうとざっくり思っているだけでした。

 

しかし毎月、給料日前になってキャッシングしようとすると、限度額オーバーで1万円しか借りられないことが繰り返されて、なぜこんなことになったのかを調べたところで、実はリボ払いというものだったと初めて知ったので
テレビCMでリボ払いという言葉は聞いていたものの、何のことかは分かりませんでした。
自分の支払いはどうなっているんだろうと、ネットで自分のカードを調べたときに始めてリボ払いされていると言うことに気付いたのです。
そして自分で毎月の支払額も決められるということもその時初めて知りました。
かつ、そのときの毎月の支払額は初期設定の10,000円になっていたことも初めて確認したのです。
毎月10,000円しか返済していないのですから、限度額いっぱいまで借りていれば、10,000円しか新しく借り入れできないのは当たり前です。

 

ここでリボ払いの怖さに気付き、リボ払いを解除したいと思い電話で問い合わせをしたときに、
「そのカードはリボ払いしかできないカードです」
と言われ、びっくりしたのを覚えています。


リボ払いが危険な3つの理由

私は2度のリボ払いでの衝撃から、リボ払いは危険だと学習しました。
リボ払いがなぜ危険かをおさらいすると、

 

・毎月の支払額が少ないと支払残高がなかなか減らない

 

・初期状態だと毎月の支払額が10,000円に設定されているので、支払額を毎月の買い物額が上回ってしまって、支払残高がどんどんかさんでいく

 

・支払残高が減らない状態を長く放置すると、手数料がかさみ、万単位で損をする

 

といったところです。
では、そうならないように私はどのような対策を取ったのかをご説明します。

 

 

■毎月の支払額を上げる

リボ払いの根本的な危険性は、毎月の支払額が少額になってしまうことにあります。
極論、毎月の支払額を50万円にしていれば、毎月それ以下の買い物をしていれば、全て一括払いになるのと同じ訳ですから。
リボ払いにしようと思った月や、最初からリボ払いに設定したときには、いくらなら借金地獄にならない適正な支払額かを念入りに計算した方がいいと思います。
考え方のコツは、限りなく一括払いに近いくらいの金額に設定することです。
そうすれば支払残高はなかなか繰り越しにならずに済みます。
とは言え、それではリボ払いの意味はないので、楽な支払額でかつ一括払いにできるだけ近く寄せた金額が、適正な支払額になると思います。

 

私の経験から考えますと、30,000円が適正支払額ではないかと思います。
10,000円では絶対に少ないです。
スマホの支払い、ネット回線、プロバイダ、そこに加えて光熱費もカード払いにしておくと、それだけで15,000円ほどいってしまいます。
つまり、支払額を10,000円に設定しているなら、絶対に支払残高は増えていくことになります。
加えてそのほかの買い物をしていたなら、増額していくスピードはかなり早くなります。
私の場合は、引っ越しで物入りの時期だったので、このスピードはすさまじいものがありました。
これに気付いて、原因を考えたところ、支払額が10,000円に設定していることが間違いだったなと気付いたのです。

 

ですから、支払額10,000円の設定は絶対にあり得ない設定なのです。
しかし、カード会社の初期設定では10,000円に設定していることが多いので気をつけましょう。
もしくは、よく考えずに自分で10,000円かなと記入、もしくは入力してしまっていることもありますので、再度確認してみてください。

 

 

設定が50,000円だと、おそらくたいていの人が毎月ほぼ一括払いと同じ意味になると思います。
これではリボ払いにしてある意味があまりないので、私が適正かなと思うのはだいたい30,000円かなと思っています。
収入や、毎月の固定費をどれだけカード払いにしているかにもよるので、設定額は個人によると思います。


リボ払いの落とし穴は金利にある

さて、リボ払いの危険性のひとつに手数料の高さを上げました。
これは具体的にはどういうことでしょうか。
見ていきましょう。

 

リボ払いの手数料は毎月支払残高に応じてかかってきます。
したがって支払残高が減らなければ、ずっと手数料を払い続けることになります。
私もリボ払いは危険だと思った理由のひとつに、毎月の手数料の高さが挙げられます。
手数料だけで2,000何百円も取られていたのです。
こんな損をしたくないと思い、リボ払いをやめました。
では具体的に手数料とはどれくらいかかってくるのでしょうか。

 

 

■実質年率

リボ払いの手数料は金利で計算されます。
支払残高に金利をかけたものが手数料になります。
金利を実質年率と言っている会社もあります。
金利や手数料などをトータルすると、実質的に年率これくらいに相当しますよという意味です。
では、実際その実質年率はどれくらいなのでしょうか。
楽天カードではショッピング枠の実質年率は15.00%です。
キャッシング枠の実質年率だと18.00%になります。

 

 

■どれくらい損してるか手数料を計算してみよう

では実際にその実質年率で計算すると、どのような結果になるのでしょうか。
いくら使って、どれくらいの期間でどれくらい支払っていくと、どれくらいの手数料を払うことになるのか、これがわからないからリボ払いで損をしてしまうのです。
計算で手数料を見える化すれば、リボ払いの怖さがわかると思います。
ネットにはリボ払いの手数料を計算するサイトがあるので、これを使って計算してみました。

 

https://www.aeon.co.jp/NetBranch/view.do?key=61f14d91031511e7bf69005056871d16

 

私が陥った、30万円の支払残高を、毎月の支払額を10,000円にして3年計画で返済していくとするとどうなるか、計算してみます。
すると、このときの手数料の総額は・・・なんと、
57,416円にもなるのです!!!
強烈ですよね・・・。
しかも完済までに要する日数は、30ヶ月、2年半です・・・。
毎月の手数料は最大で3,694円になり、そこからゆるく減っていきます。

 

しかもこれは、他にカードで買い物をしないという前提の話です。
そんなことはありえないので、まちがいなく支払額を10,000円にしておいたら、半永久的に支払残高は減らずに、半永久的に手数料を払い続けることになるのです。

 

では、支払額を30,000円にして再度計算してみます。
手数料の総額は19,919円、完済までの期間は10ヶ月、月々の最高手数料は3,439円となりました。
30,000円にしても、19,919円も取られるわけです。
これはいかがなものでしょうか。
しかもこれもこれ以上買い物をしないという条件でのことですから、
実際は、40万か50万で計算したときの数字が現実的な数字なのかもしれません。


現実的な返済スケジュールでリボ払いの手数料はどうなるか

リボ払いの手数料のお話をしました。
次はもう一度現実的な支払いの計算を見てみましょう。
おさらいをすると、30万円の支払残高があるときに毎月の支払い額を10,000円に設定すると、完済までに要する日数は2年半で、支払手数料の総額は57,416円でした。
毎月の支払額を30,000円に設定すると、完済までの期間は10ヶ月、手数料の総額は19,919円となります。

 

しかしこれらはあくまで、それ以上カードで買い物をしなかった場合の話ですね。
大抵は今後もカードで買い物をしていくはずです。
ですから、カードの支払いが毎月2万円あったとすると、最初のケース返済額が10,000円では永遠に完済できません。

 

ふたつめのケースでも返済期間は長引くでしょう。
毎月カードの支払いが2万円ずつ増えていくとすると、支払期間は10ヶ月ですから、だいたいざっくりと15万円くらい上乗せした45万円の支払残高の計算と同じくらいになるのではないでしょうか。
支払残高30万円を毎月支払額30,000円で設定し、毎月さらに20,000円ずつ買い物を続けたとすると、その計算は支払残高45万円くらいでスタートするのと同じくらいとして再度計算してみます。

 

支払残高45万円を支払額30,000円のリボ払いで計算すると、
完済までの期間は15ヶ月、手数料の総額は43,982円になります。
月々の最高の手数料は5,350円です。
ただこれは、45万円からスタートしたという計算で、実際は30万円からスタートし毎月2万円を足していくわけですから、ここまでの高い月々の手数料にはなりません。

 

しかしこの計算は本当にあっているのでしょうか。
30,000円返して20,000円使っているわけですから、実質は10,000円しか返済していないことになります。
ということは・・・
実はひとつめのケース、支払額を10,000円に設定しているのと同じことになります。
ということは、支払残高30万円の時に毎月20,000円買い物を続け、支払額を30,000円に設定していると、完済までに要する日数は2年半で、支払手数料の総額は57,416円となるのです。
これが現実的な返済スケジュールではないでしょうか。
ところがそうなると、これだけの時間がかかり、これだけの手数料を支払うことになるのです。
実際に起こりそうな返済スケジュールですが、この時間と手数料は受け入れられるでしょうか。
受け入れられると答える人は少ないと思います。

 

ではちなみに2万円の買い物を続ける場合で支払額を40,000円として計算してみましょう。
差し引き20,000円を返済するという意味になります。
計算すると・・・
完済までの期間15ヶ月、手数料の総額は29,318円となります。
さて、これを許容できるでしょうか・・・。
そもそも毎月の支払額40,000円としている段階で、ほぼ一括払いに近いくらいの返済額になっているでしょうから、あまりリボ払いの意味はなくなってきています。


実際にあったリボ払いによる手数料を計算してみた

私はショッピングのリボ払いだけでなく、クレジットカードのキャッシングのリボ払いでも失敗しています。
支払残高がなかなか減らないで苦労した覚えがあります。
加えてルーズな性格なので、利率や利息についてまったく無頓着でした。
たいしたことないだろうと。
毎月給料が入ってくる身だと、少々利息が付こうが支払えるという自信があるので、利息がどれくらいか調べようという気にもならないのです。
本当に給料に自信があるのなら、そもそもキャッシングなんかしていないはずなので、この自信は矛盾がある自信だと今となっては思います。
それを例にとって、支払いスケジュールと利息の関係を見てみましょう。

 

 

私は限度額10万円のキャッシングで、支払残高10万円めいっぱいの状態から毎月10,000円返済し、かつまた10,000円を借り入れるという自転車操業状態を2年間続けていました。
この方法でいったいどれくらい手数料を支払っていたのでしょうか。
1年間はまったく支払残高を減らさないで、1年たってから1万円ずつ返済していきました。
手数料の総額は2年後にどうなっているかを計算してみました。

 

 

最初の1年で、実質年率15.00%ですから15,000円手数料を取られることになります。
次の1年で毎月1万円ずつ返済していくと、
手数料の総額は6,636円で、返済期間は10ヶ月になります。
私は最初の1年は自転車操業のまま放置して、1年してから返済していきましたので、私が支払った手数料の総額は、21,636円となります。
しかし、ここでひとつ注意しなければいけないのは、支払残高は10万円から始まったわけではないという点です。
10万円になるまで少しずつ借り入れを増やしていったということですから、そこまでにも手数料は発生していたはずです。
つまり、その前段階の手数料まで含めると、私はそのキャッシングで25,000円ほどの手数料を払っていたことになるのです。
10万円を借りるのに、25,000円の利息を払う。
これは妥当な借金でしょうか・・・。

 

 

それでは、リボ払い以外にもっと妥当なショッピング方法はあるのでしょうか。
一括で払いたくないけど、リボ払いほどの手数料も払いたくない。
つまり、毎月定額で支払えて、手数料もリボ払いより低い支払い方法は・・・。
基本的にはありません。
しかし、考え方を変えてみましょう。
ショッピング方法、支払い方法ではなく、実はもう一つの選択肢があります。
それはあらかじめお金を借りてそれでショッピングするという方法です。
その金利がリボ払いよりも低ければ、検討に値するでしょう。
リボ払いからカードローンへの乗り換え、それがその候補です。


リボ払いをカードローンで一括返済する

なぜカードローンが選択肢に入るのでしょうか。
それはカードローンの方が年利が低い場合があるからです。
比較検討してみましょう。

 

 

■カードローンの仕組み

カードローンの仕組みは、ローン会社と契約をし、カードを渡され、それでATMや専用機からお金を借り入れることができるというサービスです。
カードローンも毎月の支払額を定額に設定することができます。
リボ払いに近い支払い方法があります。

 

 

■カードローンとリボ払いの違いの計算

カードローンの金利は場合によって様々ですが、年利3%のものもあります。
クレジットカードのショッピングのリボ払いは15.00%のものが多く、クレジットカードのキャッシングのリボ払いの年利は18.00%です。
リボ払いとカードローンの利息を比べてみましょう。
元金30万円で比べてみます。
どちらも返済額を2万円とします。
では、手数料の総額と完済期間を計算してみましょう。

 

リボ払いの方は返済期間15ヶ月、手数料総額29,318円でした。
一方、カードローンの返済期間は15ヶ月、手数料総額5,856円でした。
リボ払いとカードローンの差は、23,000円以上になります。
これはどちらで借りた方がいいか、明らかですね。

 

 

■リボ払いからカードローンへの乗り換えの仕方

最初からカードローンでお金を借りて買い物をすれば、それでいいのですが、今現在リボ払いをしていて、支払残高がかさんでいる人が、カードローンをうまく利用する方法はあるのでしょうか。

 

あります。

 

それは、一度カードローンでリボ払いの支払残高の全額分のお金を借ります。
そしてそのお金で一度リボ払いを一括返済します。
それでリボ払いの方はちゃらです。

 

次はカードローンの支払残高が残ってしまうので、こちらを計画的に返済していくのです。
たとえこちらを、リボ払いの時と同じ定額返済の金額としても、返済期間は同じになりますが、支払う定額手数料は大幅な差がでます。
30万円の支払残高があるときに、定数量の総額の差が23,000円以上になるので、デメリットなしのお得な方法と言えます。

 

 

■支払残高80万円だと

上記の計算は支払残高30万円の計算でしたが、では80万円までかさんでしまった場合は、リボ払いとカードローンとどれくらい差が出るかを計算してみましょう。
返済額は20,000円とします。
リボ払いの場合、完済までの期間3年4ヶ月、支払手数料の総額203,153円です。
カードローンの場合、完済までの期間は同じ3年4ヶ月、支払手数料の総額40,613円です。
遅払い手数料の総額の差は160,000円です。

 

これはがまんならない差ですね。
みなさんもぜひリボ払いからカードローンへの乗り換えをご検討してみてはいかでしょう。


低金利のおすすめカードローンランキング

アコムの金利は3.0%〜18.0%となっています。

 

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属する業界最大手です。

 

審査時間は最短30分と短く
初めての方なら30日間無利息となっています。

 

スマホ申込みで完結するので、店舗に行く必要が無いのも魅力ですね。

 

審査が不安な方用に3秒の簡単診断が用意されています。

 

http://www.acom.co.jp/

 

 

 

プロミスの金利は4.5%〜17.8%となっています。

 

平日14時までにWEB契約完了で当日振込してくれる瞬フリが人気です。

 

14時が過ぎた場合でも審査の後に自動契約機に行けば、当日借りることができます。

 

瞬フリを利用するには三井住友銀行orジャパンネット銀行に口座を持ってる必要があります。

 

30日間無利息サービスも実地中!
(※メールアドレスとWeb明細利用の登録された方限定)

 

審査が不安な方は3秒でわかる簡単診断がおすすめです。

 

http://cyber.promise.co.jp/

 

 

 

SMBCモビットの金利は3.0%〜18.0%となっています。

 

三井住友銀かr三菱東京UFJ銀行に口座を持っいて
社会保険証か組合保険証があれば、
電話連絡も郵送も無いWEB完結申し込みもできます。

 

http://pc.mobit.ne.jp/

更新履歴